日本ウミガメ協議会トップ

日本ウミガメ協議会

-Sea Turtle Association of Japan-

英語.jpgスペイン語.jpg

| HOME | カウンター

更新日 2016-12-09 | 作成日 2009-04-02

TOP_01.jpg

NEW!.jpg第27回日本ウミガメ会議 室戸大会(12月9-11日)を開催します!

室戸チラシ2016.jpg日本ウミガメ会議の室戸大会を開催します。大会スケジュールや申し込み方法については要項をご確認ください。今年の特色として、本会議に先立ち、9日(金)午後に「ウミガメ研修会」と称して、標識装着や計測など、実際のウミガメを対象に調査のノウハウを学んでいただく機会を設けました。また、10日(土)夕方には、「室戸の海とウミガメ」というミニシンポジウムを設けております。室戸は、産卵地をのぞいて野生のウミガメに最も多く出会える土地です。漁師さんを含め地元の皆様から、雄大な室戸の海の魅力や、ウミガメとの多様なかわかり方についてお話を伺いたく思います。
LinkIcon第27回日本ウミガメ会議概要のページはコチラから

■プログラムをアップしました詳細はコチラ
LinkIcon第27回日本ウミガメ会議プログラムのページはコチラから

■開催要項のPDFは↓下をクリックしてください。
LinkIcon開催要項のPDFはコチラ

会議の詳細は第27回日本ウミガメ会議概要のページをご参照ください
LinkIcon第27回日本ウミガメ会議概要のページはコチラから

NEW!.jpg第27回日本ウミガメ会議 プログラム

【12月9日(金)】
●14:00  ウミガメ研修会(海の駅とろむ) ウミガメの計測、タグ付け、放流
【12月10日(土)】
●9:00 開会式
●9:15 口頭発表 四国セッション
S-1「 室戸岬周辺に来遊するウミガメ類の特徴と14年間にわたる室戸調査基地の活動」
田中優衣(日本ウミガメ協議会)他
S-2「室戸とウミガメと日本ウミガメ協議会の関わり」亀崎 直樹(岡山理大・生地)
S-3「 徳島県のウミガメ産卵海岸における光環境」田中宇輝(日和佐うみがめ博)
S-4「ウミガメから教わったこと ―黒潮町の浜を歩いて―」隅野かんな(大方高校)
S-5「四万十市周辺における砂浜の現状と変わった子ガメたち」溝渕幸三
S-6「ウミガメの保護と調査の推移と現況について」熊沢佳範(春野の自然を守る会)
S-7「高知大学海洋生物研究教育施設によるウミガメ保護にかかる調査研究の取り組み」
藤本 竜平(高知大・海洋生物研究教育施設)他
●13:00  ポスター発表
●14:00  2016日本のウミガメ-全国のとりまとめ-
●16:30  ミニシンポジウム「室戸の海とウミガメ」
【12月11日(日)】
●9:00 口頭発表セッション
O-1「CT撮影により明らかになった保護収容されたタイマイの嚢胞性肺疾患」
若井 万里子(沖縄美ら島財団)他
O-2「タイマイの交尾から初回産卵までの卵形成過程」河津 勲(沖縄美ら島財団)他
O-3「和歌山県みなべ町千里浜とその周辺における2016年のアカウミガメの上陸産卵状況」
藤田健登(大阪府立大・生命環境科学域)他
O-4「薩摩半島南岸におけるアカウミガメの産卵浜の選択」
中村優洋(岡山理大・生地)他
O-5「コドラート法を使用した産卵巣推定法と小笠原諸島父島における産卵巣数の推移・ふ化状況について」森元由佳里(ELNA)他
O-6「孵卵温度がアカウミガメの幼体の成長率に与える影響」
森啓輔(高知大・海洋生物研究教育施設)他
O-7「孵卵温度および遊泳水温がアカウミガメ孵化幼体のフレンジーに与える影響について」
青倉七雲(高知大海洋生物研究教育施設)他
O-8「防波堤の改修がアカウミガメ卵を捕食する動物に与える影響」
早稲田 沙織(高知大理)他
O-9「一宮海岸のうみがめと月・砂浜の関係」齋藤采音(一宮ウミガメを見守る会)
O-10「奄美大島におけるアカウミガメおよびアオウミガメ産卵個体の衛星追跡調査(2016)」
興克樹(奄美海生研)他
O-11「ウミガメ類3種のふ化幼体の流れ藻に対する反応」藤林 真(岡山理大・生地)他
O-12「ウミガメ類ふ化幼体の分散に関する研究Ⅰ:北太平洋アカウミガメ幼体のジャイロ分散仮説の紹介」亀崎 直樹(岡山理大・生地)
●12:00 閉会式

「週刊新潮巻頭グラビア記事について」

新潮2016.jpg
週刊新潮8月11日・18日夏季特大号の巻頭グラビアに、「和歌山県・千里の浜 アカウミガメの産卵」が掲載されました。
LinkIcon記事の詳細についてはコチラをクリック

「ウミガメの世界へようこそ」講座の提供をスタートしました!

ウミガメの世界へようこそ.png


ウミガメを好きな全ての方々に向けて、e-ラーニングと呼ばれる、ネットを通した講座を開設する(株)アルファ企画さんとコラボして、ウミガメ講座の提供を新しくスタートしました。各講座5本セットで、一気に第1弾と第2弾の提供開始です。ウミガメが大好きな方から、興味はあるけどよく知らない方まで、楽しめる内容になっています。この講座を通して、より深くウミガメやウミガメを取り巻く環境、ウミガメを調べる人々のことを知っていただければうれしく思います。

講師 石原孝

LinkIcon講座の詳細へはコチラをクリック!!

「日本のアオウミガメ」を発刊しました

日本のアオウミガメ表紙.jpgアオウミガメはダイビングで最もよく見れるウミガメです。近年の研究の成果を貴重な写真と合わせて、一般向けにアオウミガメを紹介する書籍を作成しました。ご希望の方は事務局までご連絡下さい。

●目次
第一章 アオウミガメとはどのような動物か
第二章 アオウミガメの生態
第三章 世界のアオウミガメ
第四章 各地のアオウミガメ
第五章 アオウミガメの保全
ページ数122。英訳付。

※本書は三井物産環境基金の助成により発刊されました。

NEW!.jpg10月29日 シンポジウム「島々が育むウミガメたち研究と保全の最前線から―」が開催されます!
9月27日 第27回廃棄物資源循環学会に参加しました!
7月29日 「Blue Ocean Project」 2016年のコラボTシャツ登場!!
LinkIcon2016年事務局だよりはコチラから

過去の事務局だよりはコチラから

【支援・協賛】
日本ウミガメ協議会の活動主旨にご賛同頂き、
様々なご寄附・ご支援を頂いているパートナーの皆様です。
多くの方々に御協力をいただき、誠にありがとうございます。
LinkIcon支援・協賛ページへ

ライオンロゴ.gif_三菱重工ロゴ.gif _ステラケミファロゴ.png_大阪ECO動物海洋専門学校ロゴ.jpg
DEARRYUQ ロゴ.jpg_カネテツロゴ.gif__キュリネールロゴ.gif

寄付シール.jpg
日本ウミガメ協議会はコーズマーケティングのパートナー企業も募集しています。
ウミガメを通して社会貢献にご関心のある企業の方は、是非一度ご連絡ください。
(上は当会オリジナルのチャリティステッカーです。)

2016インターン.gif
↑詳細は上のバナーをクリック!

【お問い合わせ先】

特定非営利活動法人
日本ウミガメ協議会 事務局
〒573-0163 大阪府枚方市長尾元町
5-17-18マルタビル302
電話:072-864-0335
FAX:072-864-0535  
E-mail:info@umigame.org
URL:http://www.umigame.org

NPO法人日本ウミガメ協議会付属
黒島研究所
〒907-1311
沖縄県八重山郡竹富町黒島136
電話&FAX:0980-85-4341
E-mail:kuroshima@umigame.org

STSmembers02.jpg
↑詳細は上のバナーをクリック!

ウミガメを見つけたら
連絡をください!
↓クリックしてPDFをダウンロード
umigame_jyouhou.jpg
このチラシの配布にご協力いただける方は
協議会事務局までご連絡ください。
電話:072-864-0335