日本ウミガメ協議会

-Sea Turtle Association of Japan-

英語.jpgスペイン語.jpg

| HOME | ウミガメについて | エコポイント活動報告 |

更新日 2017-04-25 | 作成日 2009-04-02

エコポイント活動報告

復興支援住宅エコポイント・住宅エコポイント

この度は復興支援住宅エコポイント及び住宅エコポイントにご寄付をいただき、誠にありがとうございます。皆様からのご支援は、日本各地の砂浜での環境調査やウミガメの保全活動に役立てて参ります。

※2015年1月31日で復興支援・住宅エコポイントにおける環境寄附の受付は終了しました。

DSC06939.JPG野間池の混獲調査室戸調査.JPG室戸岬で混獲されるウミガメ調査志布志会議集合写真.jpg日本ウミガメ会議の様子

住宅エコポイント寄付開始時点~平成23年4月までの寄付額と活動報告

□ポイント取得者からの環境寄附:¥28,838
□交換商品提供事業者からの環境寄附(個別指定を受けた寄附): ¥700
□交換商品提供事業者からの環境寄附(全団体に均等配分された寄附):¥25,960
■合計:¥55,498

【概要】 当会では、野間池や室戸岬の定置網にて混獲されるウミガメの調査・研究及び保全活動を実施しております。さらに、日本各地の砂浜で調査や保全活動を行うメンバーへのサポートとして、ウミガメの標識配布及び調査補助を行うこと、さらに学生への支援として車の貸出や会議参加費の補助などを行っております。
使途 今回ご寄付いただいた55,498円と当会の資金を用いまして、琉球大学・鹿児島大学・三重大学に各車1台の補助、交通費補助として、学生に対する支援を行いました。
効果 経済的な面で調査に支障をきたすことなく、自身らで調査・研究を行ったことを学会で発表する機会を支援することで、多くの学生が意見を述べる機会を持つことができております。皆様からのご寄付を今後も学生への支援にあてがうことで、日本の次世代を担う若者を育成することにつながっています。

平成23年5月~平成24年4月までの寄付額と活動報告

□ポイント取得者からの環境寄附:¥50,371
□交換商品提供事業者からの環境寄附(個別指定を受けた寄附):¥0
□交換商品提供事業者からの環境寄附(全団体に均等配分された寄附):¥0
■合計:¥50,371

【概要】 当会では、野間池や室戸岬の定置網にて混獲されるウミガメの調査・研究及び保全活動を実施しております。さらに、日本各地の砂浜で調査や保全活動を行うメンバーへのサポートとして、ウミガメの標識配布及び調査補助を行うこと、さらに学生への支援として車の貸出や会議参加費の補助などを行っております。
使途 今回ご寄付いただいた50,731円と当会の資金を用いまして、琉球大学・鹿児島大学・三重大学に各車1台の補助、交通費補助として、学生に対する支援を行いました。
効果 経済的な面で調査に支障をきたすことなく、自身らで調査・研究を行ったことを学会で発表する機会を支援することで、多くの学生が意見を述べる機会を持つことができております。皆様からのご寄付を今後も学生への支援にあてがうことで、日本の次世代を担う若者を育成することにつながっています。

平成24年5月~平成25年4月までの寄付額と活動報告

□ポイント取得者からの環境寄附: ¥62,842
□交換商品提供事業者からの環境寄附(個別指定を受けた寄附):¥334,389
□交換商品提供事業者からの環境寄附(全団体に均等配分された寄附):¥38,639
■合計:¥435,870

【概要】 野間池や室戸岬の定置網にて混獲されるウミガメの調査・研究及び保全活動を実施しました。さらに、日本各地の砂浜で調査や保全活動を行うメンバーへのサポートとして、ウミガメの標識配布及び調査補助を行うことができました。また学生への支援として車の貸出や会議参加費の補助などを行いました。
使途 今回ご寄付いただいたうち、全国の調査サポートとして標識、ノギス、温度ロガーの購入に332,249円を用いました。学生に対する支援では、103,621円と当会の資金を用い、琉球大学・鹿児島大学・三重大学に各車1台の補助、交通費の補助を行いました。
効果 漁網からウミガメを救い、漁業者との連携を深め、各地にも標識を配布し、新たなネットワークの構築にも役立っています。また、学生を支援することで日本の次世代を担う若者を育成することにつながっています。

グリーン家電エコポイント

この度はグリーン家電エコポイントにご寄付をいただき、誠にありがとうございます。個人からの支援として246,750円、企業からの支援として2,110,409円の寄付が集まりました。皆様からのご支援は、日本各地の砂浜での環境調査やウミガメの保全活動に役立てて参ります。

※2012年3月31日でグリーン家電エコポイントの交換申請は終了しました。

次世代への環境教育の一環として学会等に参加希望する学生グループへの支援

IMG_0049.JPGポスター発表会場IMG_0052.JPGポスター発表会場IMG_9946.JPGシンポジウム会場


第20回日本ウミガメ会議は2009年11月28-29日、宮崎国際会議場で開催されました。参加者は約400人。会議では2つのシンポジウム、24件の口頭発表、30件のポスター発表の他に2009年の産卵状況、死体の漂着、標識調査のまとめが行われました。第21回の日本ウミガメ会議は11月26日~28日まで愛知県の田原市において開催いたします。

漁網に間違ってかかるウミガメを助けるための費用

IMG_6948.JPGウミガメを放流アカ2.jpg保護されたウミガメIMG_7073.JPG混獲されたウミガメの測定


ウミガメ減少の大きな原因として、漁業による混獲があります。例えば、刺し網に絡まったり、定置網やトロール網に入ったり、延縄の針にかかったりすると、肺呼吸をしているウミガメは溺死してしまいます。日本ウミガメ協議会では室戸市高岡定置漁業協同組合や鹿児島県野間池の定置網と協力して混獲調査を行っています。

日本各地の砂浜で環境調査や保全活動を行うメンバーへのサポート

IMG_6918.JPGウミガメ専用ノギス100626成ヶ島産卵確認.JPG産卵調査風景IMG_8245_01.jpg全国統一標識


日本各地の産卵地で調査活動を行っているメンバーに、統一規格の標識を配布及び、測定方法の統一及び調査器具の貸し出しを行っています。また全国で産卵アンケート調査を実施しデータを集計しています。その結果から全国の産卵分布が明らかになりました。

LinkIconグリーン家電エコポイント公式ホームページ