ウミガメ情報をください!

死体を見つけたら

●ストランディングとは…。

ao_hakkotsu.JPGウミガメの場合、その死体または弱って遊泳力を失った個体が海岸に流れ着くことを、ストランディング(漂着個体:stranding)と言います。 日本におけるウミガメの産卵は、北関東を北限に主に南西日本の太平洋側で行われています。そのような場所からは産卵情報を中心に、ストランディングの情報も頂いております。しかし、普段ウミガメに接する機会のない地域からは、なかなか情報が得られないのが現状でした。

●寒さで海岸漂着したウミガメを見つけたら

ウミガメは通常、15℃以下になると急激に活動性が低下し、10℃以下にまで下がると浮力が調節できずに海面に浮き上がり、死亡する個体が出てきます。晩秋から春まで日本沿岸の水温は低下していき、ウミガメの生存限界よりも低くなります。温かい海域に移動できなかった個体の中には、寒さに凍え、仮死状態(低体温症)になって海岸に打ち上げられるものもいます。このような個体は、いち早く処置を施すことで蘇生する可能性があります。但し、処置を誤るとせっかくの発見が台無しになります。低体温症になったウミガメの対処法についてはまだ研究段階にありますが、代表的なものとして、Sadove et al.. (1998)があります。この概要を記しますので救助の際の参考にして下さい。

【お問い合わせ先】
 平日:日本ウミガメ協議会事務局 072-864-0335
 土日祝日:黒島研究所 0980-85-4341



低体温症のウミガメの評価と初期治療
Sadove et al.. (1998)の概要
---------------------------------------------------------
Assessment and Initial Treatment of cold-Stunned Sea Turtles
by Samuel S. Sadove, Robert pisciotta, and Robert DiGiovanni
in Chelonian Conservation and Biology, 1998, 3 (1): 84-87.
---------------------------------------------------------
ウミガメの低体温症は程度によって4つのクラスに分けられる。各クラスの状態と適当な対処法は以下の通りである。

クラス1
状態
・力強い遊泳行動が続く
・目、鼻、総排出腔への刺激に対して力強い反応がある
・持ち上げても四肢がだらんと垂れ下がらない
・頚や四肢を持ち上げようとすると、それを拒絶する力強い反応がある
・堅い床に置くと、ゆっくりと這おうとする
・呼吸時に頚を力強く持ち上げる 
対処法:カメが晒されていた場所の温度より2-4℃だけ温かい海水を入れた水槽に入れる。その後、室温をゆっくり上げたり、間接照明などによって、水温を徐々に(消極的に)あげていく。水深は、16-30cm程度にしておく。水槽に搬入後、30分くらいは監視しておくべきである。力強い遊泳行動が見られれば、徐々に水深を深くする。遊泳行動が続くようであれば、水槽内に直接ヒーターを入れさらに水温をあげる。20℃を超えてなお力強い遊泳行動が続くならば、より大きな長期リハビリ用水槽へ移す。もし断続的に浮いたり、全く浮かなかったりしたら、病気の見通しはよい。

クラス2
状態
・そこそこか弱い遊泳行動があるか、または強い行動であってもゆっくりである
・鼻、目の反射は弱く、局所的なフリンチ行動(たじろぎ)しかない
・総排出腔の反射は弱い
・頭や四肢を無理に動かそうとすると、引っ込めたり嫌がったりするが、続かない
・床に置くと這おうとするが、体はどの方向にも動かない
対処法:急激に温めないよう注意が必要である。すぐに水の中に入れても良い場合もあるが、溺れないように呼吸の際にあげる頭の高さに応じて水深を決めること。もし血液検査で塩分濃度が正常値よりも高いことが分かれば、水槽の海水を淡水で50%に薄めてやる。弱った個体には体の下にスポンジ製の台などを置いて体を持ち上げてやるのも良い。はじめの水温は、カメが晒されていたいた場所の温度あるいは体温(排出腔の温度)よりも2-3℃だけ高くする。12.7℃以上にしてはいけない。2-4時間は直接水温を上げてはいけない(室温の緩やかな上昇や日光による間接的な上昇に限る)。その後,活動性や刺激への反応が活発になれば、徐々に水温を上げても良い。水温が13-15℃になってクラス1の状態にまで回復すれば、水位を上げても良い。但し、毎時10-20cm以上は増水しないこと。それで潜るようならば、心配ない。水深60cmになったら、長期リハビリ用の大型のより深い水槽に移してもよい。

クラス3
状態 
・全く動かないか、動きが突飛であったり、痙攣性であったりする
・目、鼻の反射がないか、ほとんど検出できないほど弱い
・堅い床や平面から持ち上げると、体が完全にだらんと垂れ下がる
 かすかに頭を持ち上げようとしたりするが、すぐに下に下がる
・床に置いても全く這う行動はみせようとしない
対処法:このクラスの個体の蘇生率は低く、ほとんどの場合、通常の方法ではそう長くは持たない。とにかく常時付き添い観察が必要である。水槽内に入れる場合には、溺れないように水は口の下までにする。定期的に目や頭、首、尾などを湿らせて、乾燥させないように気をつける。間接照明で暖め、温度上昇は毎時0.5℃以下にする。クラス1か2の状態に回復するまでは、絶対に18℃を超えてはならない。もし可能なら2?4時間は30分間おきに(その後は2時間おきに)前肢をマッサージしてやると血流がよくなるかもしれない。これで、刺激応答を頻繁に確認して、頭を持ち上げたり四肢を動かすようになれば、鼻孔の下ほどまで水を入れても良い。下にスポンジ製の台などを置いて体を持ち上げてやるのも良い。もし回復しないようであれば、呼吸補助が必要で、挿管するなどより積極的な処置が必要である。

クラス4
状態
・部分的に凍結していたり、慢性低体温症になっている 
・動かない
・目、鼻の反射がない
・持ち上げたときに、四肢と頭が全て下に垂れ下がる
・四肢や頚、頭を無理に動かそうとしても全く反応がない
・堅い床や平面の上に置いても、四肢や頚の筋肉の緊張がない
・呼吸のために頚を持ち上げようとする気配が全くない
・目や頚が部分的に凍結し、四肢が固まっている
対処法
蘇生率は極めて低く、今後、より適切な対処方法の探求が必要ではある。極端にゆっくり、間接的に温めること(1時間当たり0.25℃以下!)。水の中に入れるべきではない。目、頚、頭、総排出腔は、常に湿らせること。呼吸補助が必要で、挿管するべきである。

日本ウミガメ協議会編

●ストランディングの具体例。

strandingCc2.JPGこれは2001年10月に北海道八雲町ユーラップ川河口で発見されたアカウミガメの漂着死体です。地元の方に情報を頂きました。
特に目立った外傷はありません。アカウミガメの特徴である茶褐色の体色も良く残っています。この様に普段ウミガメの産卵のない所からの情報は非常に数が少なく、貴重な資料となりました。


strandingCc1.JPGこれは2002年5月に大阪府泉南市であったアカウミガメの漂着死体です。地元の方の通報を受け、職員が対応しました。
この個体はメスで、お腹の中に発生の進んだ卵が入っていました。徳島か紀伊半島かあるいは瀬戸内海か…。何もなければ、どこかで産卵したかもしれません。腐敗が進みガスが発生しているため、体がパンパンに膨らんでいます。背甲後部のくびれもアカウミガメの特徴です。


strandingCc3.JPGこれは2001年8月に兵庫県明石市であったアカウミガメの漂着死体です。地元の方に情報を頂きました。
背甲前部がグチャグチャになっています。船のスクリューにでも当たったのでしょうか…。長期に渡って漂流していたのか体色も白っぽくなっています。


strandingCm1.JPGこれは2001年島根県簸川郡大社町であったアオウミガメの漂着死体です。地元の方に情報を頂きました。
アオウミガメの特徴でもある甲羅の朝日模様が分かります。頭部に大きな外傷がありました。


strandingCm2.JPGこれは2002年1月に静岡県賀茂郡西伊豆町であったアオウミガメの漂着死体です。地元の方に情報を頂きました。
よく見ると後肢に標識が付いており、これによってこの個体の素性が明らかにされました。


strandingDc1.JPGこれは2001年7月に愛知県豊橋市であったオサガメの漂着死体です。地元の方の通報を受け、職員が対応しました。
オサガメは他のウミガメと違い、甲羅が無く、7本の隆起(キール)があるのが特徴です。このオサガメには頭部と左背部に外傷がありました。腐敗が進みガスが発生しているため体がパンパンに膨らんでいます。


●情報をお寄せ下さい。

日本ウミガメ協議会では、昨年行われた日本ウミガメ会議(高鍋会議)の全体会で、これまで以上にストランディングに注目して活動を行うことになり、現在ネットワークの拡大を模索しています。
もし、皆様のお近くでこの様なストランディングがありましたら、是非、日本ウミガメ協議会事務局までご連絡下さい。電話・郵送はもちろん、FaxでもE-Mailでも受け付けております。
その際に、発見日時・漂着しているポイント(分かれば海岸名まで)・発見した個体の特徴・あなたの連絡先などをお寄せ下さい。
POINT
特に写真を添えて頂くと、おおよその大きさや種・性別の判別が可能になりますので、とても助かります。最近は携帯電話から直接画像や位置情報を送れるようになりましたので、送られた画像を見ながら、その場で情報提供者とやり取りをして場所や種・性別の確認などを行っています。 これは実際に携帯から頂いた画像です。
strandingCc4.jpg左は全体像、右は性別を確認するために後方から尾部を撮影して頂いたものです。この画像と、電話でやり取りした結果、アカウミガメの亜成体であることが分かりました。


●調査にご協力下さい。

このストランディング調査に積極的に関わっていただける方には、調査に必要な機材の貸出を行っております。詳細は日本ウミガメ協議会事務局までお問い合せ下さい。
「家族や友達、職場の中で、ストランディングを話題にする」という協力も、大歓迎です!