その他の会議

北西太平洋アオウミガメ会議

アオウミガメ会議チラシ.jpgアオウミガメ(Chelonia mydas)は、大西洋、地中海、インド洋、太平洋の熱帯から亜熱帯にかけての海域に広く分布し、産卵地はそれらの海域の主に島しょ部に点在することが知られています。本種は草食性で、テングサなどの海藻やアマモなどの海草をエサとして生活しています。また、IUCN のレッドリストでは絶滅危惧IB 類、環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されており、絶滅の危機に瀕しています。本種は日本にも生息し、本州から八重山諸島にかけては摂餌海域が存在していると考えられているほか、小笠原諸島や屋久島以南の南西諸島の砂浜では産卵も行われています。このような本種が、近年、標識放流個体の再発見情報やDNA解析などの研究結果から、その生態の一部が明らかになりつつあります。日本沿岸にて確認される本種には、日本の産卵地に起源を持つものだけでなく、東南アジアをはじめとする北西太平洋の様々な産卵地に起源を持つものなども含まれているということが明らかになってきた現在、本種の保全においては、周辺諸国と密接に連携を図り、北西太平洋の集団として包括的に策を立てていくことが不可欠です。そこで、本会議では、フィリピン、グアム、ミクロネシア、サモアから4人の研究者を招聘し、知見を深めるとともに、国内のウミガメ研究者を交えて今後のアオウミガメの保全策について議論することを目的としています。

アオウミガメ会議.jpg

LinkIcon会議の詳細のPDFはコチラからダウンロード!
LinkIcon会議ポスターはコチラからダウンロード!

開催日 : 2012年4 月17日(火)~19日(木)
開催場所 : 神戸市立須磨海浜水族園

〒654-0049 兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3−5
TEL : 078-731-7301

主催:NPO法人日本ウミガメ協議会
協力:三井物産環境基金、神戸市立須磨海浜水族園

プログラム

4 月17日(火)
9:00 - 9:30 開会のあいさつ 亀崎直樹
9:30 - 10:00 琉球列島におけるアオウミガメ 亀田和成
10:00 - 11:00 フィリピンにおけるアオウミガメ Nilo Ramoso
11:00 - 11:30 休憩
11:30 - 12:30 グアムにおけるアオウミガメ Shawn Wusstig
12:30 - 14:00 昼食
14:00 - 15:00 ミクロネシア連邦ヤップ島におけるアオウミガメ Jennifer Cruce
15:00 - 16:00 サモアにおけるアオウミガメ Titimanu Simi
16:00 - 18:00 自由観覧
18:00 - 懇親会
4 月18日(水)
9:00 - 9:30 日本のウミガメに関する研究と保護 松沢慶将
9:30 - 10:00 日本のアオウミガメの分類 岡本慶
10:00 - 10:30 日本のアオウミガメにおける安定同位体比分析 島田貴裕
10:30 - 11:00 休憩
11:00 - 11:30 日本のアオウミガメにおける遺伝子解析 浜端朋子
11:30 - 12:00 中層定置網に対するウミガメ脱出装置 石原孝
12:00 - 14:00 昼食
14:00 - 一般講演
17:00 終了
4 月19日(木)
9:00 - 12:00 総合討論
12:00 閉会

リバイブウミガメ戦略会議

リバイブうみがめ戦略会議とは?

2007年2月を皮切りに不定期に開催している会議を兼ねた宴会。
日頃は仕事に追われている社会人が自然や社会を語りあうボーダレス宴会。

第4弾

大人のためのチャリティートークショウ

うみがめ人工ヒレへの挑戦

うみがめ戦略会議チラシ.jpg画像をクリックしてください。チラシが拡大表示されます。昨年6月、サメに両手を食いちぎられたアカウミガメが発見されました。
名前は悠ちゃん。うまく泳げません。
悩みました。放流すべきか? このまま飼育すべきか?
そこで手をさしのべてくれたのが、義肢会社の技術者達に、研究者、そして獣医師。
みんな、採算度外視で集まってくれました。
今回はこの話を肴に一杯やりませんか。
高級かまぼこをサメ皮ですったわさびで食べる「板わさ」は絶品です。


場所: 神戸酒心館078-841-1121 阪神石屋川より徒歩8分
日時: 7月17日(金) 18時開場 18時半開演
会費: 6,000円 (当日 6,500円) 
    大学生(20歳以上) 3000円 当日受付
特別協賛: カネテツデリカフーズ 
主催・問合せ:日本ウミガメ協議会 072-864-0335 WWW.umigame.org
司会:亀崎 直樹 (日本ウミガメ協議会)
ゲスト:義肢制作のスペシャリスト 松田靖史さん (川村義肢)

第3弾

第2弾

第1弾

関西うみがめプロジェクト! 第1弾

リバイブうみがめ戦略会議

開催日時:2007年2月10日(土) 14:00~
場所:神戸酒心館ホール

リバイブうみがめ戦略会議 開催にあたって

記録によれば、かつては大阪湾や播磨灘の砂浜でもたくさんのアカウミガメが産卵していたようですが、最近は数年おきに若干みられる程度となっています。ここで、近年のウミガメの産卵・目撃情報やこれまで行政や我々が取り組んできた内容を整理し、さらにウミガメの来遊・産卵、また海洋環境に対して何が障壁になっているのか、大阪湾・播磨灘にウミガメを呼び戻すために私たちに何が出来るのかといった議題について話し合う場にしたく考えております。
会議は2部構成となっておりまして、前半のディスカッションでは、関連分野の専門家の皆様をお呼びして議論したいと考えています。後半は、旨いお酒を飲みながら海岸についてみなさんで楽しく話し合う場にしたく考えております。大阪湾や播磨灘にウミガメが産卵に来る、この夢物語を実現するために、皆さんのご意見をお聞かせください。

主催:NPO法人 日本ウミガメ協議会
日時:2007年2月10日(土曜日) 14時~
場所:神戸市酒心館ホール
参加費
   第1部ディスカッション         資料代 1,000円
   第2部のみながらディスカッション  会 費  5,000円

第1部 ディスカッション 14:00~

基調講演「何が出来るか?ウミガメのために」 亀崎直樹(日本ウミガメ協議会)

 最近のウミガメの産卵・出現状況や保護活動を総括し、
 人間社会がウミガメや海洋環境を再生するために何が出来るかを話し合います。

主な参加者(敬称略、五十音順)

 井上智夫(国交省姫路河川国道事務所長:海岸工学)
 柴山信行(海洋政策研究財団調査役:海洋学・海上安全)
 高田利夫(大阪・堺漁協 連合会会長:漁業)
 花野晃一(成ヶ島を美しする会会長:自然保護)
 日野明徳(東京大学大学院教授:海洋生態学)
 松沢慶将(日本ウミガメ協議会)

 司会:大鹿達弥(神戸市観光交流課・元須磨海浜水族園)

他にも砂浜海岸の関係者、行政など、関係者多数参加予定。


第2部 のみながらディスカッション 17:00~20:00

 第1部に引き続き、立食パーティー形式にて「ここちよい海辺」をテーマに話し合います。

報告

riv2.JPGパネリストの皆さまriv3.JPG活発な意見交換



2月10日、神戸酒心館ホールで「リバイブうみがめ戦略会議」を当会主催で開催しました。当日は約90人があつまり、大阪湾のウミガメをどうすべきか議論を展開しました。

この会議で、我々はこれまでの概念とは違った提案をしました。これまで大阪湾周辺でウミガメの調査を行ってきましたが、生きてるウミガメに会うよりも、死んでいるウミガメに出会う方が多いのです。しかも、放流したウミガメに発信器を付けて大阪湾で放流すると4個体中3個体が何らかの事故にあったと予想されるのです。考えれば、大阪湾や淡路島周辺では船の航行も激しいし、漁業活動も活発です。ウミガメにとってはとてつもなく危険な海なのです。とはいっても、船の航行に制限を加えるのは無理でしょうし、漁業をやめるわけにもいかないわけです。協議会内部で議論を重ね、いきついた結論は、大阪湾やその周辺でウミガメが長い間生育するのは無理ではないか。ならば、個体の保護の観点から、捕れたウミガメはそのまま放流せずに、保護してやり、適切な時期に適切な場所で放流すべきでは、という話になったのでした。今回はその意見のお披露目だったわけですが、概ね好意的な反応をいただきました。

後援いただいた(財)大阪湾ベイエリア開発推進機構・カネテツデリカフーズ(株)に感謝申し上げます。