ウミガメ協議会 事務局スタッフ紹介

会長 松沢 慶将 Matsuzawa Yoshimasa (PhD)
松沢.jpg1969年新潟生まれ。県立新潟高校を卒業後、京都大学農学部で水産学を専攻。南極行きを夢見て、バイオロギング研究の創始者の一人、坂本亘教授(当時)に師事する。訓練だからと言包められて始めたウミガメ産卵生態調査と、日本ウミガメ会議に集う「ウミガメ屋」たちの魅力にはまる。大学院では、胚発生・性決定に対する温度の影響とその地理的傾向について調べ、98年に博士号を取得。その後、日本学術振興会海外特別研究員として、ウミガメ研究の「虎の穴」、フロリダ大学アーチー・カールウミガメ研究センターに留学。帰国後、設立から理事として名を連ねていた当会の事務局に着任し、海外との共同プロジェクトや、各地の研究保護活動の発展・育成に勤しむ。国際誌 「Chelonian Conservation and Biology」編集査読理事、和文誌「うみがめニュースレター」編集長、屋久島うみがめ館理事などを歴任。現在、国際ウミガメ学会会長、IUCN種の保存委員会ウミガメ専門委員会委員(東アジア担当副議長)、日和佐うみがめ博物館外来研究員、大阪市立大学・近畿大学非常勤講師、神戸市立須磨海浜水族園参事(調査研究担当)などを務める。「Loggerhead Sea Turtles」(Smithsonian Book)、「サスティナビリティと経営学」(ミネルヴァ書房)、「ウミガメの自然誌」(東京大学出版会)などを分筆。


黒島研究所 所長 若月 元樹 Wakatsuki Motoki (Ms.)
若月.JPG1974年広島生まれ。広島県の高校を卒業後、母の古里である沖縄でオバーと暮らしながら沖縄大学に通いつつ、糸満市大度海岸の産卵調査を始める。卒業後は住宅会社に入社したものの、遊び足りず沖縄国際大学大学院に入学。社会学を専攻し、ウミガメ産卵地の研究で修士号を得る。大学院修了後、日本ウミガメ協議会に入局。室戸調査基地を経た後、黒島研究所に赴任する。社会学の視点から黒島や高知県の室戸市を見つめてるが、へき地と呼ばれる地方の未来は一般的に叫ばれているほど悲観的なものではないはずだと感じている。タバコが嫌いで、島内の全飲食店の店内禁煙達成で大騒ぎしていた。喫煙者は研究所に居づらい。


黒島研究所 主任研究員 亀田 和成 Kameda Kazunari (Ms.)
1979年生まれ、新潟県育ち。高知大学に入学し、魚類相の研究で理学修士を取得。黒島研究所の研究員になる。とにかく、生物採集が得意で、狙った獲物は確実にゲットする。料理も得意で、黒島の困った移入動物クジャクも獲ってカレーにして食べてしまう。今では研究テーマとしては成り立ちにくい生物相の調査が趣味で、愛読書は図鑑。寝る前には必ず図鑑のページをめくっている。黒島ではウミガメの研究のかたわら、生物相の記載に余念がなく、いつの日か生物相の記載がこの世に重要視される時代がくることを信じている。学芸員資格と生物分類技能検定1級を取得。独身。


研究員 平井(渡辺) 紗綾 Hirai (Watanabe) Saya
渡辺.jpg東京都北区生まれ。東京の動物専門学校で動物看護師の資格を取得。沖縄の某水族館治療チームと徳島の某水族館飼育チームを経て2012年2月に日本ウミガメ協議会に入局し、室戸調査基地に赴任。その後和歌山のエビカニ屋と結婚し紀南へ移住。事務局の広報と標本づくりを担う。生き物全般をこよなく愛し、魚類・鯨類・ウミガメ類の骨格標本作りが趣味で常にメスとピンセットを携帯。骨が落ちていれば全国どこへでも飛んでいく。2015年3月に放送大学で学士を取得後、2016年3月には学芸員資格も取得。


事務局長 松宮 賢佑 Kensuke Matsumiya
松宮.JPG1986年大阪府生まれ。大阪の某専門学校を卒業後、南知多ビーチランドに鰭脚類担当として入社する。アザラシ・セイウチ・ペンギンの担当を経て魚類・ウミガメの担当となる。亀崎→黒柳と引き継がれてきたビーチランドのウミガメの伝統を引き継ぎ、調査・飼育にはまる。ビーチランドで5年間勤務した後、動物系専門学校の専任講師となるが、ウミガメのお導きにより、2015年秋にウミガメ協議会へ入局。周囲からはウミガメ好きと思われがちだが、飼育員の頃からゴマフアザラシへの思い入れの方が大きい。


事務局員 井上 直美 Inoue Naomi
井上.jpg大阪生まれ。もともと事務局の近くの写真店で働いていたが、退職後、客だった当時の事務局長・水野に「お菓子をあげるから手伝いに来ん?」と釣られ入局。以来、算数が苦手なくせに経理を主に事務員として働いている。大変な食いしん坊で、大人になってからも順調に育っている。


室戸基地 調査員 田中 優衣 Yui Tanaka
愛知県生まれ。愛知県立天白高等学校を卒業後、東海大学生物学部(札幌キャンパス)に入学。水族館への就職をめざして近隣園館でのボランティアや、各地の園館で実習に打ち込む中、黒島研究所での研修をきっかけに2016年4月に日本ウミガメ協議会に入局し、室戸調査基地に赴任。海獣類、特にアザラシを愛す。在学中にパン屋のアルバイトをはじめて体重が激増。友人から「アザラシみたい」と言われ嬉しい反面、内心焦っている。


紀宝町ウミガメ公園 飼育員 岡崎 鮎美 Ayumi Okazaki
岐阜県生まれ。娘の名前に「鮎」をつけるほどの魚好きの父の影響で、水生生物に興味を持ち、水族館で働くことを夢見て大阪の専門学校に入学する。卒業後、海洋生物の調査・飼育について経験を積むために日本ウミガメ協議会室戸調査基地のアシスタントスタッフとして勤務後、2016年9月に紀宝町ウミガメ公園に赴任する。料理はあまり得意ではないが、とにかく食べることが大好きで、好物の白米を片手に室戸の魚を食べては、その美味しさに感動している。どこに行っても「中学生が来た~!」と弄られることが悩みのタネ。


主任特別調査員・高岡漁協 山下 傑 Yamashita Suguru
山下.jpg室戸高岡大敷組合(定置網)の職員で若い漁師でありながら組合の期待も大きい。室戸での調査は全面的に彼に頼りきっている。時々、我々を室戸の花街に連れて行ってくれるが、その飲みっぷりが粋で男ぼれしてしまう。組合から「高岡海亀を守る会会長」という肩書きのついた名刺を与えられた。画期的なことである。


特別調査員・三津漁協 戎井 邦彦 Ebisui Kunihiko
戎井.jpg高知県室戸市で定置網で混獲されるウミガメの調査をしていた協議会職員からそそのかされる。定置網漁をしている三津大敷組合や所属漁師が三津漁港へ水揚げする漁獲のチェックや仲買人への対応に毎日大忙し。そんな彼に対し「カメの体重を量ってくれ」だの「カメを蓄養する水槽を運んでくれ」などと遠慮のない要求に笑顔で応じ、気がつけば蓄養していたカメの水替えや給餌の一切を引き受けてくれた。


特別調査員・野間池 宮内 叶 Miyauchi Kanou
宮内.jpg鹿児島県笠沙の野間池にある白瀬定置網のオーナー。定置網にウミガメが入ると、サイズを計測したのち標識を装着し、放流している。周年を通じて主としてアオウミガメが混獲される。息子さんはダイビングのガイドも営んでいる。


外来研究員 宮形 佳孝 Miyagata Yoshitaka (Ms.)
宮形.jpg1973年大阪生まれ。本人いわく、全く勉強しなかったため、日本の大学には入れず、高校卒業後渡米。アリゾナ州立大学に入学し動物学を専攻、アマゾンでカエルを手がける。その後、帰国し、製薬会社の研究部門で派遣社員として働く。ひょんな事から、日本ウミガメ協議会の事務局で手伝うようになり、主にホームページを中心とした広報を担当するようになる。一方、京都大学大学院人間・環境学研究科に入学し、屋久島のヒキガエルの研究で修士号を取得した。大食漢の多いメンバーの中では珍しく少食で、いつも好んで食べるのはうどん。2006年2月、NHKに入局した。


外来研究員 石原 孝 Ishihara Takashi (PhD)
石原.jpg1981年愛知県名古屋市生まれ。名古屋市立向陽高校卒業後三重大学生物資源学部に入学し、研究員の岩本とともに「かめっぷり」を立ち上げる。卒業研究では、三重県のある砂浜にて人工浜部分と本来の浜部分とのアカウミガメの孵化率の違いを土壌の観点から検証しようとするも、産卵がなく断念。その後、東京大学大学院に進学し、亀崎の指導の下、アカウミガメの繁殖生態について研究を進め、成熟する年齢や大きさ、日本近海での成熟度などについてまとめた。主な研究フィールドは高知県室戸市と三重県紀北町。和文誌「うみがめニュース レター」編集委員長。


外来研究員 小菅 康弘 Kosuge Yasuhiro (Ms.)
小菅.JPG淡水性のカメが好きでNPO法人カメネットワークで主に活動するものの、ウミガメにも強い興味があり、活動に参加している。東京に住んでいることから、どちらかというと関東で、カニカゴを持って淡水ガメをとっていることが多い。アカミミガメがどんどん増えていることが悩み。