日本ウミガメ協議会役員

松沢 慶将 (会長)

大阪府枚方市在
1969年、新潟生まれ。県立新潟高校を卒業後、京都大学農学部に入学し、水産学を専攻。南極行きを夢見て、バイオロギング研究の創始者の一人、坂本亘教授(当時)に師事する。訓練だからと言包められて始めたウミガメ産卵生態調査と、日本ウミガメ会議に集う「ウミガメ屋」たちの魅力にはまる。大学院では、胚発生・性決定に対する温度の影響とその地理的傾向について調べ、98年に博士号を取得。その後、日本学術振興会海外特別研究員として、ウミガメ研究のメッカ、フロリダ大学アーチー・カールウミガメ研究センターに留学。帰国後、設立から理事として名を連ねていた当会の事務局に着任し、海外との共同プロジェクトや、各地の研究保護活動の発展・育成に勤しむ。国際誌 「Chelonian Conservation and Biology」編集査読理事、和文誌「うみがめニュースレター」編集長などを歴任。現在、IUCN種の保存委員会ウミガメ専門委員会委員(東アジア担当副議長)、日和佐うみがめ博物館外来研究員、屋久島うみがめ館理事、大阪市立大学非常勤講師などを務める。「Loggerhead Sea Turtles」(Smithsonian Book)、「サスティナビリティと経営学」(ミネルヴァ書房)、「ウミガメの自然誌」(東京大学出版会)などを分筆。

平手 康市 (副会長)

沖縄県那覇市在
愛知県出身。大学時代から八重山の黒島にある八重山海中公園研究所に休みごとに通い、八重山病にとりつかれる。周囲の心配をよそに、ついに沖縄県の水産担当の公務員となる。その傍ら沖縄地方のウミガメ、特に沖縄島北部に生息するアオウミガメの生態研究を行う。久米島への転勤を経て、現在は那覇市内に住んでいる。

黒柳 賢治 (理事)

愛知県知多郡美浜町在
南知多ビーチランドで飼育係をしながら知多半島、渥美半島をフィ ールドに活動し、啓蒙活動も熱心に行う。日本で孵化するアカウミガメの性比が毎年大きく変化することを確認した。その後、内視鏡でウミガメの性を判別する技術を取得。

田中 雄二  (理事)

愛知県豊橋市在
渥美半島表浜でサーファーをしているとき、当会理事の加藤弘氏と出会い、表浜海岸の侵食、護岸、産業廃棄物問題などと関わりあうようになる。そんな折、加藤氏が脳卒中で倒れ、表浜ネットワークを引き継ぐことになる。専門のWEBデザインを駆使して、豊橋市の海岸線の現状を精力的に訴えている。

谷崎 樹生  (理事)

沖縄県石垣市在
大阪府出身。琉球大学を卒業後石垣島に渡り、マングローブなど多方面の自然保護活動を展開する。同じく理事である阿部寧氏らと石垣島ウミガメ研究会を発足し、1993年より伊原間海岸を中心に石垣島全域でのウミガメ産卵の調査を行う。観光地化の流れの中、石垣島の美しい砂浜が消えていくことに危機感を抱いている。

萩野 進也  (理事)

三重県紀宝町在
三重県紀宝町井田海岸で生まれ育つ。1988年よりその井田海岸でアカウミガメの上陸・産卵回数を記録を行っている。紀宝町ではウミガメ保護条例を制定し、ウミガメ公園をつくり保護に努めているが、その中心的なメンバーである。ただし、ここの海岸も侵食が進行し、産卵環境は悪化したとなげく。商工会議所に勤めながら、最近、家業のみかん園でレモンの栽培を始めた。

若林 郁夫 (理事)

三重県鳥羽市在
鳥羽水族館でイロワケイルカの飼育を担当しながら、志摩半島野生動物研究会を主催する。周囲は彼が独身であることを気にかけているが,休みの大部分は志摩半島の砂浜でカメの足跡を探す調査か、伊勢湾をクルーザーで走りスナメリなどの鯨類の観察に費やす。

山本 明男 (理事)

静岡県牧之原市在
静岡県相良のカメハメハ王国の執事。毎朝3時に起きて、浜辺をジョギングしながら、ウミガメの調査をしている。何かの会社の経営をしているらしいが、いつ仕事をしているのか分かりにくい。年齢の割には、異常な体力とハイテンションな性格は、ただ驚嘆に値する。

阿部 寧 (理事)

沖縄県石垣市在
石垣島の水産総合研究所の研究員。定置網の混獲防止対策の研究のほか、石垣島の産卵状況やストランディングの調査を行っていた。最近、沖縄島のウミガメ屋喜久山晴美と熱烈な恋愛の末結婚し、夫婦ウミガメ屋となった。現在では海外に転勤して活躍している。

河津 勲 (理事)

石原 孝 (理事)

興 克樹 (理事)

田中 宇輝 (理事)

若月 元樹 (理事)

亀田 和成 (理事)

斉藤 知己 (理事)



小林 雅人 (監事)

神奈川県横浜市在
専門は海洋学。イワシの卵や子供がどのような分散をするかを研究し、東大で学位を取得。子ガメが海に入ってどのように分散するかに興味を持っている 。また、最近では衛星によるウミガメ追跡に関する研究も行っている。横浜商科大学教授。

水野 康次郎 (監事)

鹿児島県奄美大島在
1977年、石川県の山奥生まれ。石垣リゾートビジネス専門学校卒業後、石垣で放浪していた時、たまたま亀崎に出会い、奄美大島瀬戸内で定置網での混獲調査に派遣される。その後、奄美の自然と人にほれ込み、協議会のわずかな仕送り以外は、自給自足の状態で住み込んでしまう。具体的には、ハブの出没するボロ屋敷を修繕しねぐらとし、地元の中学で柔道の指導をし、家庭訪問を繰り返しながら飢えをしのぐ。その後、大阪事務局で勤務するようになった。幼い頃、コロンビアで育ったためスペイン語が出来る。2005年4月からは筑波大学大学院に社会人入学し、修士課程を修了後、2007年4月より事務局に復帰。2011年5月より奄美支部長として奄美大島に赴任。